サムスン Galaxy

韓国のサムスン電子は、年内をめどに中国のスマートフォン事業から撤退するとのことです。
かつては中国で絶大な人気を誇ったサムスン製のスマートフォンですが、昨年(2018年)のシェアは1%未満と急速に売り上げが悪化しており、2013年と比べ約60%利益が落ち込んでいます。
kei-blog.jpg
サムスン電子ではスマートフォン以外の事業でも成績が急激に落ち込んでいますが、更に深刻な問題点として、サムスンの実質的トップである李在鎔氏は崔順実ゲート事件での賄賂罪に問われており裁判の行方によってはサムスンはトップ不在に陥り、経営への影響は避けられないとの事です。

日本では「Galaxy」シリーズのスマートフォンを展開しているサムスン電子ですが、今月(2019/10)折り畳み式スマートフォン「Galaxy Fold」など3機種を新たに発売する予定です。
Galaxy Foldは折り畳み式という今までにない斬新なデザインのスマートフォンですが、防水・防塵性能もなくおサイフケータイ等の機能も搭載していません。価格も破格の20万超えです。

この攻め切ったコンセプトの折り畳み式スマートフォンにサムスン電子の日本市場の行方が掛かっているかもしれませんね。

DOCOMO Galaxy S10 SC-03L prism white